FC2ブログ

【NEW・全公開】【社会復帰】・2020年1月(初回手術から1年9カ月経過)

2020年1月(初回手術から約1年9カ月位経過)

●社会復帰
12月にレントゲン検査を受け一応無事に日常生活し社会復帰で出来るうようになりました。
一応完全に骨癒合しているわけでなありませんが、髄内釘やプレートがあるので何も無しで日常生活可能です。
私は職種的にデスクワークメインになりますので問題がありませんが、完全な1日立ち仕事の労働メインの方は、やはりまだオススメ出来ないそうです。半日デスク&立ち業務なら大丈夫ラインです。

日常の移動は勿論の事、軽い運動も問題ありません。
早歩きは問題ないですが、走るのはまだ難しく凄くぎこちない走りになります。
(現状で他人から見れば後遺症や障害持ち、怪我人等に見えます)

●レントゲン画像
下腿骨
下腿骨20191201

大腿骨
大腿骨20191201


●神経損傷の経過
アルメニアで手術した左膝のLON法で切開した部分の左側の感覚が少し戻ってきた気がします。
また、今回日本で手術した右下腿骨変形術の切開した部分の神経も戻ってきた気がします。


●可動域の限界
痛いの我慢して正座近くまで曲げれても1時間程度休憩すると、また戻ってしまいます。
寝て朝になると勿論、正座まで20度位足りませんし痛みは結構あります。
やはり私の膝可動域の限界かもしれません。
今まで同様に後遺症として残るかもしれませんが諦めず引き続き毎日リハビリは続けてみます。


●尖足
朝の寝起きはやはり尖足がありますが数分で戻ります。
ただ、寝起きで立つと尖足を無理に体重で戻すので、一瞬で異常にふくらはぎがハリ少し痛みがあります。
これも経過見て、またご報告出来たらと思います。


●傷口について
傷口についてクリームを塗る治療は現在行わず、ケロイド、肥厚性瘢痕、対策の為にステロイドテープを使用して完治するのを待つ治療にしております。変化は全然ないので、また傷口に関しては経過を見て画像を上げればと思います。

●髄内釘の抜釘について
私は現状完全に骨癒合したわけでないので、抜釘についてはまだ先になると思われますが、日本の医師との相談で抜釘しなくても問題なさそうので現状ではしない予定です。
抜きたい方は、アルメニアの髄内釘やスクリュー釘は、ロシア製やインド製のようなものらしいので日本では難しくアルメニアで抜くか、海外から取りよせるか形式になります。
ただ帰国後、髄内炎になった患者様が緊急手術で抜いている可能性があるので日本でも可能かもしれませんので確認できましたら記載致します。


【手術失敗者のご報告】更新・追記致しました。↓↓
https://boneextensionarmenia.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
髄内炎患者様01



【骨延長・身長伸ばす手術のまとめ・注意事項】のページは数カ月に1度更新してますのでご確認ください。
https://boneextensionarmenia.blog.fc2.com/blog-entry-7.html


スポンサーサイト



12月

この記事はブロとものみ閲覧できます

11月

この記事はブロとものみ閲覧できます

【手術失敗者のご報告】

【手術失敗者のご報告】

当方のブログにて骨延長を失敗した方からご連絡をいただきました。
骨延長で失敗は2名確認しております。

アルメニアで手術をして大きな失敗報告をいただきました。

1名は骨髄炎で現在入院中です。
これを治す治療は相当な期間と入院生活になります。
再発の恐れや数度の手術等あり大変です。
最悪のパターンも考えられます。

もう一人の方も連絡して詳細がある程度整いましたら開示させていただく予定です。

お二人共、当方のブログにて失敗例として記載をご希望されていますので、詳しく情報入りましたら、また画像付きで追記や更新し詳しく記載させていただきます。

当方が把握している骨延長の患者様で計算すると当方含め、
感染症や様々な基本的な軽度なトラブルは5人中4人はなっている計算ですが、
その内、5人に1人位が大きな失敗になっている計算になります。

【1人目】
2019年にアルメニアでLatn法を受けた患者様です。

●詳細(12月下旬の段階)
(本人から連絡いただいた文面そのまま記載しておきます。本人による記事の記載希望ですので了承済みです)

大腿骨と下腿骨
8月末にフレームが外れて1ヶ月後に帰国しました。
そのときは一見問題なかったのですが、蓋を開けたら骨髄炎で骨が溶解していました。
左大腿骨と左下腿骨ともにです。
現在日本の病院で入院中です。

アルメニアでも二度皮膚の感染症を経験しておりますから二度目のが今回の骨髄炎の原因とも考えられます。

記載許可でご提供していただきました滞在中の画像
髄内炎患者様01

帰国後、何度も治療手術をしており長期の入院生活だそうです。
まだまだ社会復帰まで経過が必要だと思われます。
個人連絡にて状況確認でき次第、追記更新させていただきます。

【2人目】
詳細確認中


当方のブログを閲覧してくださっている皆様ありがとうございます。
質問は多いので纏めで返信できる時にさせていただきます。
また質問内容は他の方の参考にもなる為、今後は個人のプライバシー質問以外は鍵付き質問でも公開で回答させていただくかと思います。予めご了承くださいませ。

アクセス数が想像以上に伸びているのでブログは引き続き更新させていただきます。

宜しくお願い致します。

【骨延長・身長伸ばす手術のまとめ・注意事項】のページは数カ月に1度更新してますのでご確認ください。
https://boneextensionarmenia.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

10月

この記事はブロとものみ閲覧できます
アルメニアK
【アルメニアで骨延長したKです。】 2018年春頃~2019年過ぎの約9カ月間アルメニアに滞在してイリザロフ手術、LON法、ラテン法、全ての手術を経験しました。できるだけ細かく記載しておりますのでご覧くださいませ。

miza2min(ブログ管理者)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR